本日のお客様(^_^)/

皆さまこんばんは。
今日はとても良い天気で、七五三参りをされた方も多いでしょうね
彩画廊でもお手伝いをさせていいただきました
P1040108.jpg左側の
お姉さまは
3歳の時にも
来てくださいました
彩画廊
オープンの年からの
お付き合いです
右の妹さまは
5歳になりました
着物を着て
正座をして
とっても
可愛いお嬢様方
このお着物
お母様と
お母様のご姉妹が
お召しになられたものです
イイですよね~

こうして母から子そして、孫の代まで着られるのが着物の本当の良さですよね。
考えてみれば日本の衣の文化は着物であり、着物は究極のエコですよね、
モノを大切にする日本人の大切な心の文化です。
仕立てた着物を解くと、また一反の反物になり、
寸法や裏地を変え、補修する部分は補修をしても、かたちに変わりがありませんから
流行に左右されることもなく、次の代に受け継いでいき、そして
傷んでいくと、袢纏や座布団のカバーになり、そして畳の縁にしたりして
最後にはお手玉に。
こんな文化は世界中どこを見回しても 日本の着物以外にはありません。
今日のお子様のお父様は東京で事業をされていらっしゃるかたで、
仕事の関係で、昼間の銀座にいらっしゃることが多く
「銀座ではたくさんの着物姿の方が普通にいますよ」とおっしゃられていました
実際私も、京都は着物姿が多いのはご存知だと思うのですが、東京に行くと
想像以上の着物姿の方の多さにびっくりしたことがあります。
ああ~岡山も他県の人からそういっていただけるようにしたいですね。
     「1日一回 彩画廊」

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

日本の美を奏でる!

この投稿の評価

この投稿を気に入っていただけましたら「いいね!」をお願いします。
なお、他のSNS等とは一切連動しておりません。

いいね! (まだ評価がありません)
読み込み中...