価値観

皆様こんにちは。
今日の岡山は、晴れ!
昨日、岡山でも桜が開花しました\(^o^)/
次の土日は暖かくなるようですので
お花見にはちょうどいいかもしれませんね^^

DSC03115.jpg

さて今日は、価値観というタイトルにしたのは
着物の世界にも様々な価値観が存在して
アンティークの着物や古着を好まれる方や
気軽に着られる洗える着物、木綿の着物など
色んな種類の着物が存在し、
購入の仕方も、彩画廊のようなお店での購入から
カタログ通販、ネット通販、ネットオークションなど
色んな方法があります、まさに自由に選べる時代です。
しかし、本当に自分が求めるもの
価値観にあったものを購入するには
きものは難しいと思います
なぜなら、普段に着物を着ることの少ない時代の今
お店や、通販サイト、オークション出品者が
様々な価値観のもとで販売をしています
日頃から選び抜いてきた商材のものなら
お客様ご自身も自信を持って選ぶことができるのですが
着物になると、そう簡単ではないはずです。
なぜならお客様ご自身が、どんな場面で、どんな立場で、
どんな着物を着たいのか、
また、どんな着物を着ることで恥をかくことなく過ごせるのか
その場面で、どういった着物で出かける自分を演出したいのかなどを
言葉にして表現することは非常に難しいことだと思います。
こう言ってしまうと
着物ファンはいなくなってしまうかもしれませんね^^; すみません<(_ _)>
しかし、このことを解消するのはごく簡単なことであって
私達、商品を提供する側が
ただ売れたらいいとかではなく
きちんとしたヒアリングをし
お客様が求める商品を提案し、
お客様が着て出かけた場所で満足していただける販売を心がける
それが、一番大切だと思っています。
着物のことがよくお分かりの方、まったくわからない方
価格訴求品でいいと思っているが、将来のことを考えると
きちんとしたものを持たれた方がこの方の得になるなど
当たり前のことですが
自店の利益のみにはしるとこういったところが欠けていきます。
着物ファンを増やすためには、
ともに価値観を高めあい、共有できるよう心掛けることが
一番大切なことだと考えています。
最後になりますが
今日のブログは
古着や、ネット通販、オークションを否定するものではありません
あくまで、彩画廊のマネージャー坂本 個人の考えのもとに書いております。
      「1日一回 彩画廊」

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿の評価

この投稿を気に入っていただけましたら「いいね!」をお願いします。
なお、他のSNS等とは一切連動しておりません。

いいね! (まだ評価がありません)
読み込み中...